# アクティビティ
1【13日前】宴会シーズン到来!アニサキスにご注意を。 アニサキスはサバやカツオなどの内臓に生息する寄生虫です。これが人の体内に入ると胃壁等に張り付いて潜り込み、激痛や吐き気を起こします。もちろん食中毒に該当します。 このアニサキスを殺滅するには70度以上の加熱かマイナス20度で24時間保管するかになりますが、皮肉なことに流通がよくなったこともあり、活きのいい魚を生食する機会が増えてアニサキスによる食中毒が増加しています。薄くそぎ切りにした刺身なら肉眼で見つけることもできますが、厚切りに仕立てた場合だと気づかずに体内に入ることもあります。 そうそう、しめ鯖なんかでは冷凍でもしてない限り死なないのでこれもご用心! 塩や酢くらいでは効かないんですよ。アニサキスにしてみれば生き残るのに必死なんだから。 https://www.yomiuri.co.jp/national/20181123-OYT1T50146.html

15 2 1 0
2【29日前】[ジビエの季節がやってきた。昨今のブームに思うこと] ジビエという単語を多くの方が耳にする機会が多くなりました。ジビエを売りにする飲食店も増えつつあります。 ジビエはいわゆる野生の獣肉のこと。大型のものだと鹿や猪、小型では野うさぎ、鳥類は野鴨や山鳩、ヨーロッパでは雷鳥なんかも食します。 ヨーロッパではこの季節になると、こぞってレストランのメニューにジビエ料理が並びます。それを楽しみにしているお客様も大勢いらっしゃいます。日本でも野生の獣肉は案外古くから食べていました。ただし、鍋や煮込みなどしっかりと火を入れる調理法が主流でした。 私がレストランを営んでいた頃はまだジビエ料理はごく一部のお客様に提供するものでしたが、今は焼肉のメニューにジビエが載っていたりします。 身近になりつつあるのは嬉しいことですが、一方でジビエには野生肉特有の危険性もあります。よく知られているのはE型肝炎とか腸管出血性大腸菌、寄生虫です。火に弱いので、中心部までしっかり加熱すればウィルスは死滅するのですが、言い換えれば生っぽいのは(生は論外)アウトということ。これらのウィルスや寄生虫は肉の内部にも存在しているので、なおさら加熱工程が重要です。 また、畜肉と異なり、食肉加工処理がきちんとされているかも重要なポイントです。よくある話ですが親戚の猟師さんが、鉄砲でズドンと仕留めてその場で解体、お土産にどうぞ!こういうのは必ず鍋とかにして食べてくださいね!飲食店を選ぶ場合は食肉のトレーサビリティーがきちんと提示してあるかを聞いてみるのもいいと思います。 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000032628.html

21 0 0 0
3【11月7日】【VALU購入頂きました!】 T.K.@VALUコレクション4桁さん、ご購入ありがとうございます。 VALUを購入、保有することで他のSNSには無いつながりが持てるのが楽しいです。 それにしても、今日現在1357名のVALU保有、これはすごいです。 東南アジアには何度か足を運びましたが、とても魅力的な所だと思います。ウチの奥さんにいたっては、リタイアした後は東南アジアに住もうとしてるみたいです(笑)。 今後ともよろしくお願いします。 https://valu.is/kitahata

22 1 1 0
4【11月6日】【VALU購入頂きました!】 ドイツ語話せるエンジニア@名古屋さん、ご購入ありがとうございます! 『人儲け』、分解すると『人を信じる者』となるのでしょうか、言い換えると信じていただける人間になれるよう、日々コツコツ積み上げていきたいなと思います。 今後ともよろしくお願いします。 https://valu.is/tkypapa

13 0 0 0
5【11月4日】【VALU購入頂きました!】 金釘 誠@読書大好きブロガーさん。ご購入ありがとうございます。 ご自身で飲食店を経営されたり、居酒屋チェーンで店長されたり、また飲食以外の企業でご活躍されたりと、少し私と似たような経歴をお持ちで、勝手ですが親近感が湧きました! 私も本はよく読むほうですが、金釘さんの年間200冊以上、とても敵いません。 「食」「運動」「睡眠」をキーワードに、身体と心の健康を追求し、本当のしあわせを目指すー大切なことですね。私の場合、運動・睡眠がうーん…。頑張らないと。 これからもよろしくお願いします。 https://valu.is/kan8

16 0 0 0