# アクティビティ
1【2018年12月7日】ジャケットつくりました🙋 👉 https://suzuri.jp/Goh/1466131/coach-jacket/m/black この投稿の画像は,ジャケットつかってるものの拡大画像です.やばいでしょ シリーズでつくってる新作の一点で,コンピュータでつくった仮想の薔薇です. 今月13日まで1000円引き&5000円以上で送料無料だそうです.(送料用に500円程度のステッカーもつくりました. ジャケットは原価に1000円足して販売しています.あまり利益でないでしょうから,一回やってみて盛り上がるか反応みてる感じです. (さあ,Suzuri内の ズ ッ キ ュ ン ボ タ ン を 押 す の で す !) #アート #ファッション #アーティスト #クリエイター #花

14 1 1 0
2【2018年11月10日】『美術手帖 2018年12月号・特集=アート×ブロックチェーン』 インタビューと論考を掲載していただきました.たっぷりです. 内容は主に,分散台帳を起点に公共のプロトコルを書き換えることについてです. 実施者の立場から,主たる傾向への批評とこの領域の本源的発展性とは何かを示しています. ぜひ読んでみてください🙏(読み応えありあり 美術手帖 👉 http://www.bijutsu.press/books/2018/11/-1812.html - また,雑誌には書けないようなことは個人記事で書いています.こちらも合わせてどうぞ🙋 個人記事(全文無料 👉 https://note.mu/gohuozumi/n/n9e2f532a82ba - #アート #アーティスト #ブロックチェーン #暗号通貨 #仮想通貨 #本 #ビットコイン

21 1 2 0
3【2018年11月7日】【アート&ブロックチェーンの実際】 🙋記事を書きました🙋 アートとブロッチェーンの接合領域での,主な傾向について書きました. 新しく興味を持ち始めた人にも,この動向に懐疑的・批判的な人にも読み応えがあると思います.ぜひ🙋 — 少し前から,アート&ブロッチェーンという接合領域が世間で広く知られるようになりました.もうすぐ発売される美術手帖でも特集が組まれるくらいです. 僕も執筆や情報提供などさせていただいてて(なので届くの楽しみにしてる),かつブロックチェーン利活用の推進派ではあるのですが,この動向で懸念していることが多々あります. 一括りにできる動向ではないはずですが,特定の傾向のものが支配的になりつつあります.今回はそれについて書いています. — *無料記事です.寄付用に値札がついていますが,そのまま全部無料で読めます🙏 最近,アート&ブロッチェーンでデマ記事が広まってるみたいなので,気をつけてください.僕の記事読めば分かると思います. https://note.mu/gohuozumi/n/n9e2f532a82ba

15 0 1 0
4【2018年11月7日】優待情報投稿: 個数限定のオリジナル・プリントを,取得D-VA分を割り引いて贈呈いたします. 👀【作品について】👀 👀 👀 今回ご用意しているものは,生産数が100枚限定のプリント作品です.5種類あります. 👇作品は下記リンク先のものをお選びいただけます. http://bit.ly/2MNQnki 作品は,ミュージアム・グレードの高級紙とアーカイバル・インクでつくられ,品質が長期間保持されるものです.資産として保管されてもいいですし,額装にしても,壁にピンでとめて飾られてもいいと思います. 👀【条件について】👀 👀 👀 ご購入いただいた「D-VA」分を,販売価格から割り引いてお贈りいたします. D-VAの価格は,D-VA取得時か現在価格のどちらか「高額な方のBTC価格」で計算します. (ここでは,「発行者が直接売りに出したVA」を「D-VA」と呼び,それをご購入の場合に本優待にお使いいただけるVAとして数えます.本優待では,発行者に資金が直接渡らないVA取引は対象外とします) 👀【方法について】👀 👀 👀 本優待をご希望の方は,メンションやコメントなどで,ご利用D-VA分と,ご希望の作品ナンバーをお伝え下さい.折り返し詳細をご連絡いたします. (D-VAの販売について:発行者であるGohが自分でVAを売りに出す際に,プロフィールの冒頭で「ユニークな価格と,量」を宣言いたします.それをご購入された場合に「D-VA」とみなします) D-VAのの詳細はこちらをご覧ください👉 http://bit.ly/2DcU2J8

9 0 1 0
5【2018年10月30日】ちょっと期間が空いてしまいました.前回投稿へのコメントへのお返事をここでいたします.(通知切ってるので気がつかないんです) *その前に一点.このままだと優待が腐るので,優待を「必要量のVAを取得しなくても」,部分的に割引ポイントとして利用できるようにします.(詳しくは改めて優待で出します.VALUの中で完結させるのは無理だろうと判断しました) たとえば,D-VAの優待として贈呈予定だった作品ですが,下記サイトで1万程度で販売することにして,D-VA保有者には保有分を割引してお贈りします. 💎 https://shop.gohuozumi.com/ja/?s=Atoms+drawing&post_type=product ・ご返信 根田さん ネコヤマさん ikoeさん > 根田さん 今のVALUだと,基本的に根田さんの姿勢で取り組まれたほうが上手くいくのだろうなと思います. VAは株券ではなく(法的にも倫理的にもそう出来ず),債権に近い何かや,公式のいうようにトレカのようなものなのかもしれません.しかし「VAはこのような形式と捉えることが望ましい」ということと,実際に今のサービス形態に組み込まれたVAが「『現状のサービスによって』何として規定されるか」は別なのだと思います. そして今直面している問題とは,「VAが何であるか(運営やユーザーが望んでいるもの)」と「サービスの設計」がうまく噛み合っていないことだと思います.つまり「個人が債権やトレカのようなものを発行すること」ではなく,それを活用するサービス設計が追いついていないのだと思いますが,しかし本質的には,それらは相互補完的あるいは依存的であって,どちらかの確立で解決できる類の問題ではない,とい思っています. たとえばコミュニケーション設計を見てみましょう. 今は普通のFacebook型SNSのようなものに,株券的な発行と取引の機能がくっついてますよね.で,「いいね」を投票的に使っていたり,発行者は自己VAの価値づけのためにというか,VA発行者という責任を背後に,何かしらの投稿するので,よりFacebook的な系になると. もちろん普通に投稿してるだけの人もいますが,「夢を応援する(即ち自分の夢のために資金調達をしたい人が使う)」とか「個人の信用を蓄積させて社会で使えるようにする(金融とかで)」ことがサービスの主たる存在意義である以上,それらの人がサービスの全体性をつくるわけではないはずです. そして時代の流れ的に,Facebook的プラットフォームは衰退していますよね.ああいう繋がり,コミュニケーションにはもう疲れたのだと.プライバシー問題はそのサービス設計に内在した本質的な問題のはずです.つまり「何が売り物であったのか」. 今のVALUには,そもそも人々が活発にやりとりしなくなったサービス形態に,”自分でVA発行して誰かに買ってもらったのだから簡単にはやめられないし何か投稿しなければ”という心理をつくる「VA」を組み込むことで,無理やりユーザーを縛り付けている印象があります.そしてVAが縛り付けているのは,ユーザーだけでなくコミュニケーション設計そのものであるかもしれない. かつてウェブ上での寄付サービスがいくつもあって,そのほとんどがうまく行かずに,数年経った今になってようやく機能するようになったのと同様に,実際にうまく噛み合うサービスが出来上がるのは,まだ先のことなのだと思います. その意味で,おっしゃるように,次世代的なものなのだと.今はその取っ掛かりの時期ですよね. > ネコヤマさん たぶん,やる前から何が方向性としてイケてるか,あるいはダメかを判断するセンスが,次世代サービス作る人には必要なんでしょうね.物事が大きく動く前に機微をとらえて予測する能力というか. もっと若い人がそのうち何か打開策を出してくる気はします. > ikoe お好きなだけご自由に売却してください. 違反者というのは,僕が「D-VAという直売VA」を販売している時にその妨害をした人のことです.販売中はプロフの冒頭にそう書きます.今は販売中ではなく,また事実上しばらくはD-VAの販売はできないでしょうから,特に気にせずどうぞ.

7 2 0 0