# アクティビティ
1【2月28日】アイコンの顔を変更しました。 あえて思いっきり年をとらせました(^^ゞ プロフィール画像は、カッコよくとか、かわいくがいいのかもしれませんが 漢方薬剤師の場合は、年老いている方が、薬に詳しそうで説得力が増しそうな感じがするためです。 あと、いつかこんな容姿になるまでこの分野で頑張っていきたいという覚悟を込めまして。

7 0 0 0
2【1月22日】少しまだ早いかもですが、 花粉症は大丈夫ですか? 花粉症の症状を抑える薬はたくさんあります。 症状が出始めたときの急性期には漢方薬ももちろん効果的です。 それだけじゃなく、漢方薬の良いところは 数か月前から服用しておいて、体質を改善したり体調を整えることで、シーズン中の症状を軽くすることができるところです。 体質によって合う合わないがあるので、具体的な漢方の名前はここでは控えますが 漢方薬局を開いた時には、そのあたりもしっかり提案させて頂きたいと思います。 花粉症のシーズンに症状を軽くしたいなら、数か月前からの過ごし方も大切で、 今のこの時期の不摂生はできるだけ控えておきましょう。

11 2 0 0
3【1月17日】VALUER限定投稿

3 0 0 0
4【2018年11月29日】漢方薬解説ページ更新しました 「当帰飲子」(とうきいんし)の解説 乾燥肌の皮膚のかゆみに。 https://kampo-do.com/chui/kekkyo/tokiinshi-effect/

6 0 0 0
5【2018年11月17日】漢方薬の解説ページ更新しました。 茵蔯蒿湯(いんちんこうとう)について https://kampo-do.com/dermatology/inchinkoto/

8 0 0 0