# アクティビティ
1【25日前】少しまだ早いかもですが、 花粉症は大丈夫ですか? 花粉症の症状を抑える薬はたくさんあります。 症状が出始めたときの急性期には漢方薬ももちろん効果的です。 それだけじゃなく、漢方薬の良いところは 数か月前から服用しておいて、体質を改善したり体調を整えることで、シーズン中の症状を軽くすることができるところです。 体質によって合う合わないがあるので、具体的な漢方の名前はここでは控えますが 漢方薬局を開いた時には、そのあたりもしっかり提案させて頂きたいと思います。 花粉症のシーズンに症状を軽くしたいなら、数か月前からの過ごし方も大切で、 今のこの時期の不摂生はできるだけ控えておきましょう。

11 2 0 0
2【31日前】VALUER限定投稿

3 0 0 0
3【2018年11月29日】漢方薬解説ページ更新しました 「当帰飲子」(とうきいんし)の解説 乾燥肌の皮膚のかゆみに。 https://kampo-do.com/chui/kekkyo/tokiinshi-effect/

6 0 0 0
4【2018年11月17日】漢方薬の解説ページ更新しました。 茵蔯蒿湯(いんちんこうとう)について https://kampo-do.com/dermatology/inchinkoto/

8 0 0 0
5【2018年11月12日】クルミについて クルミは、その中の実の形状が、脳の形に似ていることから、昔から脳のはたらきを良くする食べ物と考えられていました。 現在では実際にトリプトファンが含まれていることが分かっています。 これはセロトニンやメラトニンの合成に必要な必須アミノ酸で、 精神安定や、良い睡眠に役立つ成分です。 ですから脳の良いというのは間違いないです。 秋の夜長、読書をしたり、受験勉強をされる方も 集中力の大敵となるのは、ストレスや睡眠不足です。 トリプトファンは、もちろん肉・魚・豆、様々な食品にも含まれていますが、 気持ちが乱れて集中できないときに 本を読みながらでもちょこっとつまめるクルミはいかがでしょうか。 ただ、油分が多いので一度に食べ過ぎないように 特に下痢ぎみのときは控えた方がいいです。 自分の場合は、塩味のついたクルミを買うので、 食べているとついお酒まで飲みたくなってしまいますけどね(^-^)

13 2 0 0