# アクティビティ
1【1日前】過去バックパッカーしたり、今は、商社勤めですので、何十ヵ国に行きましたが、シンガポールというこの街に、一発で惚れてしまいました。 こんなことは、初めての経験です。 シンガポールの成り立ちを見ると、誰が「招かざる客」なのか見えてきます。自分もステージをあげて、将来ここに移住したいと本気で思いました。 詳しくは、下記のリンク先で ▼テキスト https://asiablogoffice.com/oversea046/ ▼動画 https://youtu.be/wbuweJ34gEE

16 2 0 0
2【4日前】シェア投稿: 脱帽です、、これは凄すぎる。 転居までして、メンサを手に入れる執念、そして、それを今後の自分への不理解者への「理由」とする計算高さ。 ほんと、見習うことが多すぎです。
3【4日前】シェア投稿: 漫画家根田さんは「漫画は見落とされた業界」と言いますが、それは違うと思います。 東南アジアとかでと、インデーズレベルの日本の漫画も浸透してます。「ドラえもん」「ドラゴンボール」とか、全世界で通じます。僕はクリリンの物真似が出来るんですが、各国に行って、酒の場での鉄板ネタです。 自分で権利を持つスタンスですと、おそらく、海外向けへの翻訳などもご自身で判断できると思います。電子化されたからこそ、海外展開しやくすなってると思います(コピーされるリスクもありすが) マーケットを日本だけでなく、世界に広げれば、部数は見込めるのではないでしょうか。応援しております!
4【4日前】【質問】 地元の友達って必要でしょうか? 僕は、不要だと思ってます。 先日、久しぶりに、中学の旧友と会ったのですが、まったく話が噛み合わなかったです。そんな実体験から、どうしてそうなったのか?彼らと僕との違いは何なのか?を真剣に考えてみました。 続きは、本編をどうぞ。 ▼テキスト https://asiablogoffice.com/oversea045 ▼動画 https://youtu.be/R2_MKmSCfXA

13 6 0 0
5【7日前】【初トライアスロンから学ぶ⑥】 初トライアスロンの大会日、2019年11月24日を、僕は一生忘れないと思います。 何故なら、この日を目標に、僕はトレーニングを続けていたわけです。「あと何日」というアプリが、毎日のように、スマホ上で、カウントダウンしてくれてました。 食事、睡眠、運動を、常に意識していました。明確な「目標」があったから頑張れたのです。 ・ ・ ・ と、書けば聞こえは良いですが、実は違います。 ■全てが無料だったら? 完走できた理由は【お金を掛けたから】です。 自腹で、ホテル代(1万5千円)、フライト代(2万円)、大会参加費(2万円)、自転車(2万5千円)、その他、諸々すでに10万円近く前払いしていました。勿体ないので、空振りは出来なかったのです。 では仮に、これらが全て無料だったら?僕は参加すらしてなかったはずです。右膝を痛めて、医師からは棄権しろと言われてたし、泳ぎの準備が不十分で、命の危険もあったからです。無理はしなかったです。 じゃあ、仕事の業務命令だったら?それでもやってません。医師の診断書があるので、会社に対しても、堂々と休むことが出来ますよね。 自腹かどうか?ですが、これ意外にも、物事を成し遂げる為には、重要な要素なのです。何故なら、誰しも「自分の選択は間違ってなかった」と思いたいですし「元を取りたい」と意地になるからです。 逆説的ですが、僕が自腹でトライアスロンを始めたからこそ、あなたは、この投稿を読めているわけです。 ■ダイエットも実は20万円使った 前回投稿で、ダイエット成功自慢をしましたが、これにも裏がありまして、僕はライザップっぽい、個人トレナーに付いてもらって、運動と食事管理をしていたのです。事前に、20万円一括払いしました。 子供が3人いるサラリーマン家庭で、20万円の出費は、かなり大きいです。だからこそ、頑張れたのです。 仮に、僕が石油王の息子だったら、たとえ、20万円かけても、200万円かけても、ダイエットに成功しなかったと思います。自分の生活レベルでは、少しキツい出費をするぐらいが良いのです。 20万円支払った時点で「数ヶ月後の引き締まった身体を手に入れた自分」のイメージが出来てました。 トライアスロンだって、半年前に、自転車を買った時点で、完走のイメージは出来ていたのです(後語りですが本当です)そして、この投稿も、ずっと前から、ぼんやりとイメージしていました。 ■どこで「元」を取るのか? ダイエットの20万円の見返りは言うまでもありません。見た目が良くなって、運動出来るようになっただけでも元が取れてます。 では、トライアスロンで使った10万円の見返りは、何かというと「この投稿」なのです。 僕は、自分の全ての行動や消費に、見返りを求めてまして(投資的な感覚)初トライアスロンでも、身の回りの人に話したり、こうして投稿したりと「元を取る」行動に出ているのです。 この投稿は、少し手を抜いてますが、これを下書きとして、他のネタとも連携させたり、完成度を上げて、今後、YouTubeにアップしたり出来るわけですね。 僕の100%自作コンテンツな訳ですから、どう加工して複製しようが、僕の自由なわけです。 こうして自己満足更新してても、多方面から声が掛かるんです。それは明らかに僕のメリットなのです。 ■有限資源を投資に回す 学生ではなく、社会人になったのですから、時間はなくなりましたが、皆んな、お金は多少あるはずです。そのお金をいかに「投資」に回せるのか?なんですよ。 僕の言ってる投資とは、株式投資とか、不動産投資だけではなく、今回のトライアスロンだってそうなのです。 僕は一言も「トライアスロン楽しい」って言ってないですよね?あんなキツいことできればやりたくないですよ。でも、今やるべきと判断して、僕の有限資産である「時間」と「お金」を投資しているのです。 「好きだからトライアスロンやってる」という人とは、僕は少し違います。自分なりに、損得勘定した上で実行しているのです(続く)

19 0 0 0