# アクティビティ
1【2018年5月20日】純粋な本物のユーチューバーを目指し2017年は実現しました 基本的にユーチューバーという職業はかなり厳しいです 普通にやったらほぼ生活はできません それをどうやったら「職業」として成功するかはハッキリ言って無謀なチャレンジでした! なにしろわたしは4人の子供と妻で6人家族 実家は県外で頼れない状態 この過酷な状態でユーチューバーとして生きる選択 世間から言えば「無謀なバカ」 それを実現できたのは「仕事」として割り切ったからです 仕事は一生懸命努力し 日々勉強 ほとんどの人は 楽したい、さぼりたい、何もしたくない これでは稼げないし出世もできません だから「仕事」として割り切ってやる 稼げなかったらさらに倍努力する 自分で決めた成功としては「日本の平均収入」を超えること これをクリアーした現在は コンサルタントとしての道へ 現在多くの自営業を助けるべく、「自営業コンサルタント」 それとユーチューバーになりたいという人への ユーチューバー育成プログラムを発足しました 不登校や引きこもりへの企業、開業の推進や 不登校が通うフリースクールへの支援活動も同時に進行中 今、生きるのが大変な時代に 生きるのが楽しい時代を 自らが実現し それを広める仕事をしています という近況報告でした 長文最後まで読んでいただきありがとうございました

2 0 0 0
2【2018年1月10日】先日の誕生日に沢山のお祝いメッセージ、コメントありがとうございました 46歳の誕生日に人生初の行動をしました 以前教えていただいたことなのですが、誕生日は何のお祝いなのか? その答えを教えていただいたので1年越しで実行することができました。 普通誕生日は自分を祝ってもらう唯一の日と思ってる人が多いと思います わたしもその一人でした ですがその方から聞いたのは衝撃的でした 「誕生日とは生んでくれた親に感謝する日」 だから自分の誕生日に親に電話して感謝を伝えるのだと教わりました まさか祝ってもらうはずの自分が感謝を伝えるとは考えもつきませんでした。 なので人生初のことを親に伝えるべく電話をして感謝をつたえました。 正直何も知らない親は当然驚いてましたが、元気なうちに言うことができたのは 本当に良かったと思います いつか言おう、とかそのうちって思っていたらその相手がいない、なんてことは沢山あると思います なのでこれからも毎日伝えるべき感謝はその時に言えるように日々修行していきます 教えていただいた後輩に感謝いたします ステキな学びをありがとうございました

8 0 0 0
3【2017年12月23日】スーパー倒産から2週間ほど経過し、倒産の原因について調べて見ました。 まず創業から100年(鮮魚業から含め)続いたのは本当に凄いと思う そこまで続くには1000社のうちのわずか2社 つまり0.2%というすばらしい会社であったのは間違いない ではなぜそんな会社が倒産することになったのか? 当然いきなり潰れたのではなく徐々に衰退し規模を縮小はしていました だが上層部の経営陣は資産を増やし、生活水準は落としてなかったと言われている そもそも規模は縮小しても経営方法は問題だらけだったようだ 朝の9時から夜の11時半まで営業していたが、当然田舎は夜に行動する人はほとんどいない 正直売り上げが落ちても危機感を持てなかった時点で倒産することは時間の問題だったようです。 当然スーパー以外の業種も売り上げは落ちていく一方で、経営だけが問題でもなさそうです。 その原因は人口の減少 この問題はもっと深刻ですが、ほとんどの人は知っててもすぐに影響がないものには興味を持たない さらに言えば人口は10年前から減少し始めているのにそれほど大きな影響がないように感じている わたしが今回の事で一番驚いたのは市の人口について書いたページです 「わたしたちの街は人口が増えている」と言っているかのようなデータが載っているのです。 これには目を疑ったが、実際グラフで見ると増えている だがそこに書かれていた情報は10年前の統計 その後国勢調査で出たデーターは人口が減少しているので公表されていないのです しかもそのページの更新は昨年2016年のもの 明らかに意図的にやっているとしか思えない。 目的は移住者を呼ぶ為と住人が逃げ出さない為であろう このことからこの地には未来が無いどころかスーパーの倒産のようにある日突然 市が破綻することでしょう 当然予告無しに。ごく一部の人達だけが先に逃げる準備をし、市民には当然知らされない。 そんな未来のない地であればここを出る計画も必要だと思いました 来年は新しい地を探しながら新ビジネスへの移行をしていきます とても長くなりましたが最後まで読んでいただきありがとうございました

5 0 0 0
4【2017年12月10日】近所のスーパーが倒産しました わたしの住む超田舎ではスーパーは生命線に近い存在です 都会の方はお店が倒産したり入れ替わるのはよくあると思います 田舎はかなり少ないです 理由は簡単です 「お付き合い」という手法でなりたっているからです お互いに仕事を出す お互いに仕事をもらう このバランスは絶対なのです だからお互いに潰しあうことはしない スーパーなども適度の距離をとるので平和的に経営することができます 雑貨屋とかラーメン屋などと違いスーパーは毎日利用します そのスーパーが潰れてしまうのは異常なことです 何故なら毎日利用しますから売り上げは一定のはず 毎日利用しないお店なら節約の為に利用しないことも考えられますね でもスーパーは利用しないと生きていくための食事を確保できません しかも田舎はネットで食品を買うことはもの凄くまれです では何故潰れたのか? しっかり調べて次回ご報告します

6 0 0 0
5【2017年11月30日】前回ちょっと書いた少数派で生きる選択について。 あ、この内容は多数派の人が見たら完全に真逆の意見だと思うので読まないでくださいね わたしはあくまでも少数派の方にお話しします 少数派で生きるには正しい情報をつかむのが大事 そんなことを子供たちに教えてます では次の中でウソはどれか? 地球温暖化 ガソリンはあと数十年で無くなる ゴミは分別してリサイクルするべき 環境保護に森林は伐採してはいけない エコカーはエコだ 太陽光発電は環境にやさしい 成長の為カルシウムを取る為に牛乳をたくさん飲もう 紫外線はガンになる サラダは健康にいい この中でウソはどれでしょう? わかった方は凄い もっともっとありますが、ここまでにしますね わたしは国や大手企業の利権から生まれるウソの見抜き方を子供たちに教えてます でも多数派の人には真逆のはずです わたしも正直多数派で生きないと不幸だと思っていたので信じてました。 多数派の人は判断基準を他人や環境にゆだねます みんなが言ってるから とか 国や大手が嘘をつかない とか テレビで言ってたから あと芸能人が使ってるからw なんてのもありますね 少数派はひねくれ者です 「ホントに?」が合言葉のようです ウソの答えはあえて書きませんがどうしても興味があってウソを知りたければ なんでも聞いて下さい ただ事実を知ったら少数派の仲間入りしちゃいます 周りから変態扱いされます ですが そんなあなたを少数派は歓迎してくれます あ、先に言っときますが宗教にはまったく入ってませんよわたしは だって宗教という団体も宗教という多数派ですからね あまり長くなってもアレなので続きはまた今度にしましょう 長い話を最後まで読んでいただきありがとうございました

6 1 0 0