# アクティビティ
1【5時間前】シェア投稿: 疑問にコメントが返ってくるのは素晴らしいですね!
2【10時間前】村上春樹『神の子どもたちはみな踊る』再読を完了。 異常に面白い。続けて『東京奇譚集』を。 digitalを制作しつつ。今日は59歳の誕生日。 特別な感慨はないのだけれど、20代以降を想像さえできなかった、 あの10代は何だったのだろう? 象徴的なのは、1980年をジョン・レノンの射殺で、 その年末を迎えたことだ。

2 0 0 0
3【12時間前】作品digital200mm200mmは、1600までを昨夜に制作。 村上春樹『神の子どもたちはみな踊る』を再読中。 やはり、初読時の記憶がないに等しく、しかもあまり面白くない印象しかなかった。 しかし、再読してみれば(「蜂蜜パイ」を残すのみ)、面白いじゃないか! やれやれ、。 昨日、youtubeにアクセスしたら、迫田さおり(女子バレー選手で、 バックアタックが得意のロンドン五輪での中心選手、現在は引退中)の動画があり、 何となく見たら、当時、良く見ていた頃を思い出し、見入ってしまう。 彼女の活躍は、もうリアルタイムでは見られないのだと思うと、…。

1 0 0 0
4【1日前】「valuでアート」を始めるにあたって、 留意していること。それは、私の世界標準の 現代アートや私自身の作品を基盤とした 思考方法を、とりあえずおくことである。 そうしないと私自身のバイアスで他者の作品を 批評することになり、本来の目的である称揚から 離れてしまうからだ。 私自身のバイアスをかけずに、可能な限り 称揚する作品を冷静に客観的に観察することで、 見えてくるヴィジョンを重視すること。 作者が意図していること、 そして、作者が意図していなかった要素を 引き出してみること。 また、作品が類似している美術表現や、 ほかの作家の作品に接続すること。 そういう分析を続けることで、 作者が意図せず、考えも知りもしなかった 発見があれば指摘すること。 それが成功すれば作者にとって新たな発見ともなり 出会いともなるのではないだろうか? それは新たな道標ともなり得る豊穣な批評と 言えるだろうと信じてもいるのだ。 そして、それは非難したり、ただ褒めることでは、 決して得られない新たな認識の展開の 道標ともなる筈であり、 それこそが私が言う称揚という 新しい批評のあり方なのではないだろうか? それこそ「valuでアート」の密かな目論見なのだと 私は信じているのである。 「valuでアート」への参加をお待ちしています。 またアート入門やアートに関しての意見交換の場も 併設していますのでアートの知識を深めることも 可能だと考えていますので、閲覧だけでも 構いませんので、お気軽にアクセスしてください! https://discord.gg/X3gkUpR

10 1 0 0
5【1日前】1va売り出し中です! 世界標準の現代アーティストとして評価される トリッキーな手立てを講じつつ、 自作を制作し続け、「valuでアート」を 軌道に乗せ、世界標準の現代アーティストとして、 世界標準の現代アートとそれ以外の美術表現を 等しく並列化して評価する足がかりを得ること。 「valuでアート」 参加および閲覧はこちら! https://discord.gg/X3gkUpR

2 0 0 0