# アクティビティ
1【4月10日】最近、気になっていた本を何冊かまとめてガーッと読んだのですが、その中の一冊、「土・牛・微生物」という本に衝撃的な面白さを感じました。 (下記に読んだ感想を少しだけ書いていますので、ご興味あればご覧ください(2~3分もあれば読める文章だと思います)) 何しろ、本の表紙下部に書かれているキャッチコピー的な文章に、 「土は微生物と植物の根が耕していた ーー 文明の象徴である棃やトラクターを手放し、微生物と共に世界を耕す、土の健康と新しい農業をめぐる物語。」 ということが書いてあるような本ですので、僕のプロフをご覧いただいたことがある方であれば、僕がこの本と出会った時に感じた、感激度合いの高さを想像していただけるのではないかと思います(笑) 著者はデイビッド・モントゴメリーさんという方で、地形の発達、地質学的プロセスが生態系と人間社会に及ぼす影響の研究で、国際的にも幅広く認知されている地質学者です。 著書には、多くの研究結果や実例を踏まえての考察や事実が幅広い視点で書かれています。 人類にとって大切な資源「土」を劣化させ続けてしまったことにより、崩壊、衰退していった数々の文明の歴史を振り返り、現代の人類文明がそれらの文明と同じような末路を辿らないためにも、今を生きている人類が、世界の土壌の健康を守ることにつとめていく大切さを強く訴えています。 また、自然力の再生と人類の社会の持続可能性を追求することの価値についても丁寧に書かれていて、全体的に腑に落ちることがとても多かったです。 中でも、土壌の劣化を防ぐ具体的な手法の一つとして、自分の理想としている「むやみに耕さないでも完結できる農業」が生み出す、土壌の物理的、科学的有用性が取り上げられていたことは朗報で、自分が描いている理想の未来への明るい展望を持たせてくれました。 自分の思い描く農生活は、「今後ますますの社会性を帯び、その存続可能性を広げてくれるような活動や運動も世界的に発展していくのかもしれない」とも感じ、理想への道を迷いなく進んでいく為の更なる原動力もいただいたような気がしています。 ここ一年くらい「この先、誰とどうやって自分の理想の未来を追求していけるのかな??」と思うことがよくありましたが、「シンプルな事実を見失わないように努めていれば、自然と答えはすぐに見えてくるようになるのかもしれない」 と感じさてもらえるような良コンテンツとのご縁でした。 とてもありがたい出会いです。 著書の冒頭で、ベーダ(サンスクリット語の聖典 紀元前1500年)の一文が紹介されていますが、 そこには この一握りの土に、我らの生存はかかっている。 大事に使えば、食べ物と、燃料と、すみかをもたらし、われらを美で取り巻く。 粗末に扱えば、土は崩れて死に、人も道連れとなる。 と記されています。 土は長期的に人類の生活を支えていく大切な資産だと思いますので、「土の持続可能性に再投資する流れがトレンドになるような人類社会が育まれていくよう心からお祈りし、そのような社会の成熟の為に、自分は自分のできることを自分なりに考えてやっていこう。」と改めて強く思ったのと同時に、「やっぱり農業は、人類の文明維持に欠かせない産業で、社会的貢献性の高い追求しがいのある産業だ」と感じました。 農業から考える環境、文明論。興味は尽きません♪ また長々と書いてしまいましたが、最後までお読みいただいた方、お付き合いくださりありがとうございました♪ ※しかし今日はものすごい寒さですね。わがやの畑や野菜もびびってます!!(笑) 北関東は雪も降っているみたいですが、愛農家の皆さんの所の農産物たちは大丈夫ですかーー??

10 0 0 0
2【3月16日】今日は、食べるものに対して少し敏感なお客さんとのご縁についてのお話です。 少し長文になりますが、ご興味あればご覧くださいませ♪ (2〜3分あれば読める文章だと思います) うちの農業は、農薬や動物性肥料や化学肥料を使っていないこともあるからか、時々、そのようなことに敏感な層からのお問い合わせをいただきます。 皆さん、それぞれ色々なこだわりをお持ちなのですが、中には超センシティブな人もいて、「種子は消毒されていないものか??」などと聞いてこられる方もいたりします。 そのような方に事情を聞くと、「種子時点の消毒だったとしても、化学物質アレルギーを発症してしまう可能性がある」とのことでしたが、これはもう僕には理解できる範囲を超えている問題ですし、細かいメカニズムや症状例なども全くよく分からない世界の話になります。 ですので、お話を詳しくうかがったとしても、実際に自分がどこまで要望を聞けるのかも分からないですし、無責任な対応になってしまっても嫌だからと思い、最初はお野菜を提供すること自体お断りさせていただこうと思っていたのですが、うちは種子を自家採取したり、ハイブリット種でなく、固定種や在来種の野菜を育てていることも多いので、そういうものを必要としている人がいて、それを自分が提供できる立場にあるのだとしたら、それを提供しない理由を見つける方が難しいというものです。 そのような気持ちから、「提供できる量は少ないけれど、少しでもそういう人たちが欲求を満たせたり、喜んでくれたりすることにつながるのであれば良いな」と思い直し、今はできる限りの対応をさせてもらうようにしています。 化学肥料を使っていないものならまだしも、種子を消毒していないものや、ハイブリット種子でないものを市場で探すことの難しさもよく分かりますしね。 この手のことによく「嘘か本当か?」みたいなことを言う人もいますが、僕はそれに関してはどっちでもよいと思っています。 (排他的、扇動的な、他者を尊重しないような押し付けは例外ですけど) そんなことよりも、相手のこだわりを最大限尊重し、少しでもそういう人たちがハッピーに過ごせるように自分が貢献できることや、その為に必要なシステムをできる限り考えたいと思っています。 これはあらゆるアレルギー問題に言えることなのでしょうが、一般的には「??」と思うようなことでも、当事者にとっては大変な問題だったりもするでしょうから、たとえそれを全部は理解できなかったとしても、少しでも理解しようと歩みよる姿勢を持つことは大切にしたいと思っています。 こういうのって本人が一番辛いと思いますので、周りの人のちょっとした気遣いや一言って超大切なような気がしますしね。 たまたまではありますが、僕は今回ご紹介させていただいたような悩みを抱えている方とご縁をいただき、農産品のやりとりをさせてもらえたことで、知ることができたことがあります。 それは、お客さんがうちの野菜に「変えのきかない物」のような特別な価値を設定してくださったことにより、物の売り買いだけでは収まらない、人と人との絆のような、深く尊いつながりがお客さんとの間に生まれ、それが僕にとっての大きな喜びや活力にも変わっていったということです。 嬉しいことって、周り回って必ずループするんですよね♪ 僕は人とのご縁によって、いつも大きく成長させてもらいます。 とてもありがたいことです。 ※写真は記事とは何も関係ありませんが白菜のお花です♪ ※長文最後までお読みくださった方、貴重な時間を割いて読んでくださりありがとうございました♪

29 4 2 0
3【3月7日】節気も啓蟄を過ぎましたね。 冬ごもりしていた小さな虫たちが「もぞもぞ」と活動をし始める時期です。 僕の理想としている農業は、「虫や草や菌などの小さな生き物の営みが主役となって土壌を育んでくれることにより、人の生活の豊かさも育んでくれるような農業」ですので、冬が明け、小さな生き物が活発に動き始める姿を見ているだけで、とても豊かな気持ちになるものです♪ もちろん、栽培中のお野菜の生育を妨げるような虫や菌も活発に活動を始める時期にはなりますが、そういう虫たちがいることで畑の生物多様性や循環力も高まり、それが結果的に、人の豊かな未来をつくってくれる可能性も高いと考えていますので、短期的な利害などに心を惑わされず、大きな心で多くの生物に寄り添えるような野良仕事に憧れを抱き続けていこうと思います。 僕がお野菜を植え付けなければ出てこない生物たちもたくさんいますので、あくまでも「フィールドをお借りする」という気持ちを大前提に持ち、人のアクションも含めての畑の生物循環や生物たちとの戯れの時間を楽しませてもらいたいと思います。 「雨続きで、今年はじゃがいもが全然植えられないなー」とか、気候の影響を受けてもやもやすることはそれなりにありはしますが、畑の小さな生物たちのお陰様で、今日もご機嫌な1日です♪

14 0 0 0
4【3月1日】以前、「つ〜くろっ!!」と投稿させてもらっていた、ヘチマインソール が完成しました♪ R さん、完成画像お待たせしました♪ (低クオリティではありますが、こんな感じになりました。) 僕は趣味で結構走るので、ヘチマインソール の「心地よい弾力や感触」という足裏情報から、これはインソール じゃなくて、ワラーチ使いのが良いかも??と思い始めている所です。 しかし、野良仕事や山旅時の足蒸れも結構気になっているので、ヘチマの吸湿性と速乾力に期待して、やっぱりインソールがメインかな?? 大地を歩き、走る楽しみがまた一つ増えました♪ ありがとうへちま♪

17 3 0 0
5【2月26日】優待情報投稿: せっかくVALUのアカウントを作ったことですし、より楽しませてもらう為にも優待を出してみようと思います♪ 僕が人に提供できる価値ですぐにお届けできそうなものは、「旬の採りたて露地野菜を畑からダイレクトに直送」ということくらいですので、畑に余裕がある時は採りたて野菜の優待をだしていきますね♪ VALUをご購入いただいた方や応援してくださっている方に感謝の気持ちをお伝えするために、僕は皆さんに食料や栄養をお届けしていきたいと思います♪ 僕が農家として一番嬉しいなーと思える時って、シンプルに、お届けした人に「美味しい!!」って喜んでもらえた時です。 ですので、この場を通じ、誰かの新しい「美味しい!!」に出会える可能性を広げられることはとてもありがたいことだと思っています。 VALUをご利用の皆様にも、採りたて露地野菜のダイナミックな魅力を感じてもらえたら幸いです。 たまーに過敏な方にも出会うので、一応書いておきますが、農薬や化学肥料や動物性堆肥などは一切使用していませんので、もしそういうものに過敏な方でも大丈夫なものにはなっています。 また掘り立ての香りと鮮度を大切にしていることもあり、少しだけ土付きでお届けさせてもらいますので、どうぞご了承くださいませ。 今回は、先着5名様へ 人参1kg〜1.5kg(形が不恰好な訳あり品も混み)を送らせてもらいたいと思います。 (なくなり次第終了とさせていただきます) ご興味があればどうぞご利用くださいませ♪ 優待をご利用される場合、送り先や宛名を聞かなければなりませんので、[email protected] まで直接メールください。 よろしくお願いいたします。 ※配送は出荷仕事の都合上、できれば時間指定だけにしてもらえると助かります。わがまますいませんがよろしくお願いします。

19 8 1 0